安易に歯の神経を取ると歯を抜かなくてはいけなります。香川県 高松市の歯の神経治療専門|香川県の吉本歯科医院へご相談下さい

診療方針(コンセプト)

  • HOME »
  • 診療方針(コンセプト)

■診療方針(コンセプト)

 

通常虫歯になった部分は、大きく削り取って蓋をする(被せ物をする)、という治療が一般的です。

また、歯の神経にまでバイキンが達してしまった虫歯や

歯の神経の近くまで進行している虫歯は、神経を抜いてしまう、という治療が一般的です。

 

吉本歯科医院では、おそらく多くの日本人が受けてこられた従来型の保険の歯科治療とは考え方や方法が根本的に発想から違う治療を行なっております。

歯の構造、歯の神経の構造をまずは患者さんに知って頂くことから、はじまります。

虫歯や歯周病の原因は細菌だけではありません
そして最大の原因である細菌は感染症です。

感染症のもととなる細菌を、ごくわずかな薬剤(抗生物質)を塗布し仮封鎖をしていくことで痛みの原因となる細菌そのものを死滅させます。

従来型の虫歯治療、歯の神経治療が、悪い部分をすべて根こそぎ削り取って除去してしまいしょう、という外科的な考え方だとしたならば
吉本歯科医院の虫歯治療、歯の神経治療は、痛みの原因となっている細菌そのものを死滅させることで歯の修復を図りましょうという内科的発想だと、お考え下さい。

何度も虫歯が再発する理由をご存知ですか?
あなたは、ご存知でしょうか?
現在の歯科治療の7割は、あなたが過去に受けた治療の再治療であるという事実を。つまり、虫歯が何度も同じ歯で再発しているという事実を。

虫歯の原因は「許容を超える力(噛み合わせ異常)」と「細菌」です。

再発するのが当たり前というのが現状です。

削っては詰めて削っては詰めての虫歯治療を繰り返しその結果、神経を取らないといけなくなったり、歯を抜かないといけなくなったり、歯を失わせてしまうことになっているのです。

歯を削るから歯が弱くなり、削るたびに神経に近くなり、神経が痛くなれば、神経を取らないといけない、ということになるのです。

これは現在日本で行なわれている一般的な歯科治療ではありますが、吉本歯科医院ではそもそもこのような方法を行なっておりません。

吉本歯科医院では、通常神経を取らないといけないと診断された深い虫歯でも薬液による消毒後、特殊な薬剤(抗生物質)を塗布し、閉鎖をすることで細菌を激減させます。
痛みの原因は細菌による神経への刺激ですので、細菌を一気に減らすことで痛みはおさまっていきます。
神経を取ってしまうと、歯の強度は10分の1にまで落ちます。
いわば枯れ木の状態です。

消毒を繰り返し、細菌が死滅した状態で、吉本歯科医院の特殊接着技術により完全封鎖を行ないます。
完全封鎖を行なうことにより、細菌の再侵入を防ぎ虫歯の再発を予防します。

完全封鎖を行なう際の詰め物、被せ物は自由診療の素材よりお選び頂きます。

残念ながら保険治療で認められている保険の詰め物、被せ物の素材には細菌の再侵入を防ぐ封鎖性のある素材はなく、口の中に入れて7時間もたつと腐蝕をはじめる金属ですので吉本歯科医院では、おすすめはしておりません。

「虫歯部分から完全に細菌を死滅させた直後、リン酸や次亜塩素酸にて表面処理をほどこし、特殊接着技術により完全封鎖を行なう」この工程を確実に行なうことにより細菌の再侵入を防ぎ虫歯の再発が起こらないようにすることができるのです。

許容を超える力(噛み合わせ異常)がかかっている場合には、歯そのものが破壊されていきますので全体的なバランスの治療が必要になります。

治療期間と回数はかかりますが、その価値がわかる方々が遠方からもお越しいただいております。

このような方はまずはご相談下さい

  • 「神経を抜かないといけない」と診断された方
  • 歯をもう大きく削りたくない方
  • 何度も同じところが虫歯になる方
  • 「歯を抜かないといけない」と診断された方
  • 神経治療をしたのに痛みが何日もおさまらない方
  • 歯科治療の後、口の中に違和感が残る方

 

■何度も歯の神経の治療をしても痛みが取れないのは、「バイ菌」が入り込んでいるから

私は診療方針として開業以来「診療哲学」としておいていることが、3つあります。

  1. 自分の家族にできる治療かどうか。
  2. わたくし自身が受けたい治療かどうか。
  3. 10年後の患者様の歯の健康を見据えて治療に当たること。

この3つです。

例えば今、あなたが何か重い病気にかかったとしましょう。

「その病気を治せる人はどこにいるのだろう」と考えた時、それぞれ先生には専門がありますのでその専門にあった先生に手術してもらいますよね。

例えば脳外科の手術をするのに小児科の先生に「先生はお医者さんだから出来ますよね。助けてください。」なんてことは言いませんよね。

脳外科の手術なら脳外科の先生に診てもらいますよね。

小さいお子さんが、何か病気になった。その時に、例えば精神科の先生に「手術をお願いします」と言いますでしょうか。

精神科の先生はそういう手術を普段されていませんよね。

つまり、それぞれ専門が違うと診断も治療方針も違うということです。

私は先程の3つの診療哲学ということを念頭に今まで経験と勉強を続けてきました。そして今現在もこの3つを念頭に

勉強を続け、診療を行なっております。

そうするとイメージ的には、例えばゲームとかをイメージしてみてください。

何か得点をしようとする時にアイテムという武器を使います。

戦争の話してしまいますが、昔は、竹槍で戦争をしていました。

今は飛び交うもの、空を飛ぶもの、化学兵器、いろんな兵器があります。

それを竹槍で戦えるでしょうか。

つまりアイテム・武器によって、使う道具によって得られる効果というのは全く違うのです。

吉本歯科医院では例えば、他の医院さんで「神経を取らないといけない」と言われた歯を神経を取らずに治療することが出来ることがあったり、

歯を抜かないといけない」ということだったのに歯を抜かなくて済んだり、「虫歯だと診断されていた」でも実は噛み合わせが原因であった。

他の医院さんで「骨がないからインプラントができない」という中で、骨を作ってインプラントをする治療があったり。

実は今までかかられた先生方とは全く違う診断だったり、治療方針だったり、治療を行なうことがあります。

イメージしていただくと、武器が違うということです。

保険診療というのがあります。

かつて吉本歯科医院ではなるべくいい治療をしたいと思い、保険診療という算定の名の下にいろいろな治療を行なってきました。

しかしながら今、国には医療費を抑制しようという大きな流れがあり、その制限がものすごく厳しくなってきています。

聞かれたことがあるかもしれませんが「混合診療」です。

例えば癌の手術を受けて顎の骨や歯茎がなくなってしまった方にインプラント治療を行なう。

これは保険が利きます。

しかしながら一般に歯周病で歯を失われた方であるとか、ぶつけて歯がなくなった、そういう方のインプラント治療には保険は適用にはなりません。

同じインプラント治療ではあります。

しかしながら「保険が利く・保険が利かない」というのはあります。

また薬を使って菌を殺す治療もそうです。

歯がなぜ痛いか」それは、それを感じている神経が生きているからであります。

その神経・血管のところにバイ菌が入り込むことによって痛みがでているのです。

「その菌を殺す」これがまず大前提に吉本歯科医院では考えています。

つまり薬で治療する治療を行なえば、菌を直接殺すことができますので、何度も根っこの治療をしても痛みが取れなかった。

という症状がわずか1~2回の治療で、ほとんどその痛みを取ることができています。

残念ながら保険診療ではそのようなお薬を使うこと自体が認められていませんし、そのお薬を使った患者さんが要した他の治療もすべて自由診療である。

つまり保険診療ではないという考え方であります。

一時ニュースにも出ていましたが、保険診療であれば入院し、癌の手術・除去の手術を行なう。

しかしながら高齢で手術を受けるだけの体力がない。

だから欧米で一般に使われている、日本では認可されていないお薬を使った。

そして入院した。

その請求金額は実際に使ったお薬の金額ではないのです。

入院費用もすべてです。

おそらく保険治療で治療されたほうが、入院費に手術代に、手術をして傷は大きくなっているのですから退院までに日数はもっとかかっていたはずです。

つまり保険診療をしていた時のほうが治療に要した日数も費用も多かったはずです。

しかしながらその特別の薬剤を使った患者さんは、通常の保険診療をした時にでもかかったであろう入院費であるとかそういうものも認めてもらえない。

これは最高裁判所の判決として出ています。

つまりそのようなお薬を使った場合には、すべての治療費含めて保険の治療の対象ではないということです。

今までそのような特殊な治療を続けてきて感じることは、おそらくわたくしが10個の手段を持っていたとするならば、保険診療で賄えるのは1個、わずか1個にしか過ぎないのです。

保険診療では痛みを抑えるためには痛みを感じているのが神経なので、その神経を殺し、痛みを感じさせなくさせる。

という治療が行なわれるのです。

神経をすべて殺し切らなければ痛みを取ることはできませんので、残念ながら1回や2回の治療だけではなかなか痛みが止まらないのです。

何回も何回も期間をあけずに消毒をしたりする必要性があるのです。

残念ながら吉本歯科医院では週に何回も治療のお約束をお取することができません。

ですので現実的には保険の範囲内での治療は不可能な状況になっております。

おそらく遠くから吉本歯科医院を目指していらしている患者様ですから、おそらく吉本歯科医院が得意とする専門とする特殊分野の治療を目指して来られているのだと思います。

ですので吉本歯科医院にはそれに対応するための技術であったり、設備であったり、が備えられております。

通常の保険医療機関に於いては必要のないものです。

多くの薬剤であったり、レーザー機器であったり、インプラントの手術の道具であったり、麻酔科医の配置であったり。

これは保険の治療を行なうために設置されているものでは残念ながらありません。

レーザーがあるのだから、レーザーを使ってくれればいいじゃないですか。と、保険治療をされている方がそのように求められることがありますが、残念ながらそれは保険の概念からすると認められないことなのです。

それをやってしまうと吉本歯科医院自体が保健医療機関としての認可が取り消されてしまいますので、残念ながらそれは出来ません。

どうぞいろいろな治療の方法がありますので、メリットとデメリットをいろいろお考えになられて治療をお受けになられてください。

 rogo

アクセス

■アクセスマップ■
※赤い看板が目印です

→県外からお車でお越しの患者さまへ(高松中央インターからのご案内)
→高松駅からバスでお越しの患者さまへ

■ご遠方より車でお越しの患者さまへ

高松中央インターチェンジ(たかまつちゅうおうインターチェンジ)は、香川県高松市にある高松自動車道のインターチェンジです。

香川県外より吉本歯科医院にお越しの方は高松中央インターチェンジで降り、高松市木太町方面へ向われて下さい。

高松市木太町は、高松市の中心部です。

詳しいアクセスは

http://a-kita2.com/access/

(もし、道に迷われた場合はお気軽にお電話下さい。)

電話番号は(TEL:087-818-1118)

■高速道路(徳島県、高知県、愛媛県、岡山県より)でお越しの患者さまへ

高速道路で高松中央インターでお降り下さい。高松中央インターを降りますと林町から高松市木太町方面へ向かいます。

高松市木太町方面から屋島方面という標識が出ていますので、そちらにお進み下さい。

しばらくすると旧国道11号線と交わりますので、上記地図を参考に屋島方面に向って進んで下さい。

根管治療、歯の神経の治療の流れ 歯の構造

歯の神経に関するご相談で、

具体的にどのようなお悩みでお越しになるかご紹介します。

 

☑歯医者さんで歯の神経を抜くと言われたが、絶対に抜きたくない。どうにか抜かずに治療できないか?

☑歯の神経を抜くと言われましたが、歯の神経を抜くとどうなりますか?

☑歯の神経を抜くか抜かないかは歯医者さんによって診断が違うのですか?

☑歯の神経を抜くことになったらどんな治療方法になるんですか?

☑虫歯を削ることで、歯の神経を取らなくてはいけないことはありますか?

☑口の中が虫歯だらけなのですが、歯の神経があるかどうかもわかりません。診てもらえますか?

☑歯の神経を抜いてはいけないと聞いたことがあるのですが、痛くても抜かないほうがいいのですか?

☑歯の神経はどうやって取るんですか?

☑歯の神経を取ったのに痛いと感じるのはなぜですか?

☑歯の神経を抜くメリットとデメリットを教えて下さい。

☑歯の神経、どうしても抜かないといけない場合はどんな状況ですか?

☑歯の神経が死んでいるかどうかはどうやって調べるのですか?

☑歯の神経を取る時は痛みがありますか?

☑歯の神経に膿がたまっていると診断されたのですが、抜かないといけないですか?

☑歯の神経が炎症を起こしているようなのです、抜かずに治療できますか?

 

 

 

上記のようなお悩みがある場合には、お気軽にお問い合わせ下さい。

(完全予約制)ご予約お問い合わせはこちらまで TEL 087-818-1118 受付時間:午前9時15分~13時/午後14時~18時【日曜、祝日、休診日は除く】

PAGETOP